レビトラのジェリックその効果と副作用とは

2020年08月23日

レビトラのジェネリック医薬品は全て海外製で、国内製のものはありません。
特許期間が満了したED治療薬には国内製のジェネリック医薬品もあります。
しかしレビトラはまだ特許期間が続いているため、海外製のジェネリック医薬品のみ流通しています。
バリフやジェビトラなど海外製のジェネリック医薬品は主にインドで製造されたものです。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
製法を変更すればバルデナフィルを含むジェネリック医薬品を製造できます。

バリフやジェビトラなどインド製のジェネリック医薬品は価格が安いのが特徴です。
有効成分はレビトラと同じバルデナフィルなので、同じ効果があります。
バルデナフィルは即効性があり、空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。
一方で軽いめまいや頭痛などの副作用が現れやすいという特徴も存在します。
バルデナフィルを服用すると9割以上の人に軽いめまいや頭痛などの副作用が現れます。
症状は基本的に軽いので、安全にED治療ができます。

バリフやジェビトラなどインド製のジェネリック医薬品にはレビトラと同じバルデナフィルが含まれており効果や副作用、服用方法などは同様です。
服用後約45分で血中濃度が最大となるので、性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用します。少量のアルコールで服用することもできます。
アルコールは適量であれば気分をリラックスさせてバルデナフィルの効果を助けます。
過度の飲酒は酩酊して性行為を困難にするので注意が必要です。

バルデナフィルは食事の影響を受けにくく、服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下のものを食べることができます。
アルコールで服用することも可能ですが、服用後は血管が拡張されて酩酊しやすくなるので飲酒を控えます。
なるべく空腹時に服用した方が効果的です。
バリフやジェビトラなどインド製ジェネリック医薬品はレビトラと同じ効果があるだけでなく、価格が安いのでコストを大幅に下げることができます。

海外製のレビトラジェネリックは危険?

バリフやジェビトラなどレビトラのジェネリック医薬品は主にインドで製造されたものです。
インドの製薬会社は政府から承認を受けてジェネリック医薬品を製造しています。安全性が高いため安心してED治療に利用できます。
有効成分はレビトラと同じバルデナフィルですが、価格が非常に安いのが特徴です。
通販サイトで個人輸入すれば、20mgの錠剤を1錠あたり約200円で購入できます。
インド製のジェネリック医薬品は日本国内では未承認ですが、個人的な使用を目的とする輸入であれば合法です。

日本国内で流通しているレビトラの錠剤には5mgと10mg、20mgがあります。
病院では主に効果の強い10mgか20mgが使用されます。1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgは約1800円です。
インド製のジェネリック医薬品を個人輸入した方がコストを大幅に抑えることができます。
未承認の薬品の輸入と販売は、原則として法律で禁止されています。
しかし個人的な使用を目的とする場合の輸入は合法とされます。また通販サイトによる個人輸入手続の代行も合法です。

レビトラやジェネリック医薬品は世界的に人気があるため、中国などで製造された偽物も多数流通しています。
偽物を服用すると何らかの健康被害が生じる可能性があります。
正規に製造されたジェネリック医薬品であれば、安全にED治療ができます。
バリフやジェビトラなどジェネリック医薬品を個人輸入する場合には、信頼できる通販サイトを選ぶ必要があります。
極端に安い価格を提示しているような場合には、偽物の可能性があるので注意が必要です。

バリフやジェビトラなどインド製のジェネリック医薬品は価格が安く、ED治療のコストが大幅に下がります。
中国などで製造された偽物も多数流通しているので、個人輸入する場合には信頼できる通販サイトを選ぶことが重要です。
正規品を個人輸入すれば、少ないコストで安全にEDを治療できます。