お知らせ
最新の投稿
薬を飲む男性

EDというのは、英語の略称ですので、直訳すれば「勃起障害」あるいは「勃起不全」となります。
その定義としては、勃起そのものがみられないか、あるいは勃起した状態を維持することができず、性交を満足に行うことができない状態などを指すとされています。
したがって、勃起するのにひじょうに時間がかかって、性交に失敗してしまうということも含まれますし、また、いったん勃起したとしても、途中で萎えてしまう、いわゆる中折れといったことについても、やはりEDということになります。

ことばで書くと簡単ですが、じっさいのEDの診断では、さらに複雑なチェックを行い、医師が診断をすることになっています。
その際によく用いられる尺度として、「国際勃起機能スコア」とよばれるものがあります。
これは文字どおりのEDのうたがいがあるかどうかを判断するための国際的な尺度であり、本人に対しての質問という形式で行います。

質問項目はいくつかありますが、勃起を維持するうえでの自信、硬さや維持の度合い、勃起に対する困難性、性交の満足度などが含まれています。
たとえば、挿入可能な硬さになる頻度をたずねる質問であれば、性的刺激はなかったという選択肢にはじまり、ほとんど硬くならない、たまに硬くなった、半分程度の頻度で硬くなった、しばしば硬くなった、ほぼいつも硬くなったといった複数の選択肢があり、これに答えることによって、EDのおそれがあるかどうか、あるとすれば症状はどの程度深刻かを見極めるのです。
この尺度は25点満点となっており、21点より上であればEDとは認められませんが、それよりも点数が低いようであれば、軽度のものを含めて、EDのうたがいがあるということになります。

EDの種類や症状についての詳細は、専門のクリニックなどで確認することができます。
自分の症状と比較したり、治療する方法を調べておくことで、いざという時にスムーズに治療を進めることができます。